中学理科応援「一緒に学ぼう」ゴッチャンねる

コロナ禍でも頑張る中学生を応援してます

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

令和4年度 宮城県 県立高校入試 理科 解説

主体的な深い学び

今年の入試を一言で表すなら「主体的な深い学び」を重視した問題が出題されたということである。

これは2021年度に中学校で完全実施された中学校学習指導要領に沿っている内容である。

 

主体的な深い学びとは何か

事項の暗記だけではなく、実験観察によって何がわかるのか

実験観察によって何を知りたいのか

この実験結果から何がわかるのか

 これは今までも、よく問われてきた、

ことしから多くなったのは

「仮説を立てる」ということである

この仮説を証明するにはどのような実験をしなくてはいけないか

この仮説が正しいとどういう実験結果が得られるか

この仮説に対してこの実験方法は正しいか

 

そして実験結果の振り返りを行う。

 

宮城県の入試問題の入手先

3月4日に実施された宮城県の県立高校の入試問題は東進ハイスクールのサイトで無料で参照することができる。

www.toshin.com

問1 血液の循環・伊豆大島火山

youtu.be

血液の循環は多くの県で出題されている。

 酸素を多く含む血液が流れている血管と血液の名称を聞く問題がよく出される。

 

血管の名称は

心臓から出る血管を動脈

心臓に入る血管を静脈

血液の名称は

酸素を含む血液を動脈血

酸素が少ない血液を静脈血

 

となっているが、肺から心臓に入る血管は 肺静脈 なのに、流れている血液は 動脈血である。

 

伊豆大島火山の出題

 日本の火山は、爆発的な噴火を伴い溶岩の色は白っぽいものが多い。

よく出題されるのが、雲仙普賢岳である。火山の形はドーム型になる

 ところがそれとはまったく正反対の穏やかな噴火で、溶岩の色が黒っぽいのが多い伊豆大島、ハワイのキラウェア火山などが出題されるのは珍しい。

 さらに、防災の問題としてハザードマップの見え方まで出題されている。

 

問1 ダニエル電池

youtu.be

ダニエル電池は2021年から初めて中学校の学習指導要領に登場した内容である。

 電流の流れる方向が今回出題された。

ダニエル電池は中三の内容だが中二の物理で習ったオームの法則を使った計算問題は深い学びがなければとくことができない。

 

問2 オオカナダモの呼吸と光合成

youtu.be

この問題こそ、主体的な深い学びの典型的な問題である。

BTB溶液は何のために使うのか

BTB溶液からわかることは何か

BTB溶液の結果がどのようになっていればよいか

対照実験は何か

 これは今までの出題にはない。

問3 透明半球を使った実験

youtu.be

定番問題である日の出の時刻の求め方

今までにない、地軸の傾きが22度になった時の日周運動

など地学分野は考えを深める問題が多くなっている。

問4 ばねの伸びと三角形

youtu.be

フックの法則という語句を答えるとか、グラフを作成するとかいう問題ではなく

グラフから伸びを求めるという応用問題から出題された

 斜面上に置かれた台車にはたらく力とばね

これは中1で習う物理分野の問題の総まとめになっていた。

 「力とは何か」というよく忘れそうになるものが出題された

最後の同じばねの長さになるときのばねの伸びという問題の意味を理解することが難しい問題もあった

 

問5 硫酸バリウムの沈殿量

youtu.be

硫酸バリウムの沈殿は硫酸と水酸化バリウムの反応でよく出題されるが、硫酸と塩化バリウムという組み合わせは珍しい問題である。

 

これは、生徒実験では行われない実験である。

それは、塩化バリウムが重金属で有毒であるからである。

 また沈殿の質量を求めるためにはろ過して、乾燥させるという手間がかかるが理科の授業時間内でここまでできない。

 過不足ある反応というのは、塩酸と石灰石、塩酸と炭酸水素ナトリウムなどで二酸化炭素を発生させる実験

 酸化銅と炭素の反応

などこの問題は定番な問題が多い。

令和4年度 千葉県 県立高校入試 理科 解説

大問1 小問集合

youtu.be

大問2 動物の分類

youtu.be

大問3 エタノールの状態変化

youtu.be

大問4 冬の天気・フェーン現象(難問)

youtu.be

大問5 オームの法則

youtu.be

大問6 金星と火星の見え方(難問)

youtu.be

大問7 反射

youtu.be

大問9 ダニエル電池

youtu.be

令和4年度 埼玉県 県立高校入試 理科解説

新学習指導要領に準じた問題構成

2021年度に中学校で本格実施された新学習指導要領に沿った問題構成になっていた。

 

思考力、判断力を重視し、文章読解力が必要となるものが多かった。

また、計算力を必要とするものや比の考え方を使うものもあり、数学的思考力も必要となってきた

 

大問1は小問集合

今年から新たに教科書に入った事項であるダニエル電池がさっそく出題された。

 

youtu.be

 岩石の分類

おしべのやく

全反射

のように単なる知識を問うような問題が多かった。

レミングの左手の法則を使うことができるか

化学反応式を理解しているか

などは基本問題である。

 

温暖前線を書くというのが少し応用的だが、昨年の愛知県や静岡県の過去問に同様の問題もあったので問題を多く見ていれば簡単であったであろう。

 

大問2 天文

youtu.be

 

春分の日を選ぶというのは、練習問題によくある定番問題である

 日時計と南中高度の関係

 天の北極と竹串の関係は思考力が必要であるが難しい問題ではない。

 太陰暦に関する問題は思考力が必要な問題であった、

 

大問3 消化。血液の循環、呼吸

youtu.be

 

これも、消化酵素について暗記をしていれば楽に解ける問題である

柔毛、根毛、肺胞などは魔法の呪文「表面積が大きくなり効率よく養分などを取り込むことができるから」が書ければいい。

ヘモグロビンに関しては文脈からわかる

細胞内呼吸についても基本問題である

 

大問4 気体の水への溶けやすさ

youtu.be

気体の水への溶けやすさは高校で詳しく学習する内容である。

中学では各気体の性質を学ぶときに水への溶解性を覚える。

このような実験で出るのは、新傾向である。

気体の発生方法など、多くの知識を網羅的に知っていないと解けない問題になっていた

 

新学習指導要領に

実験を行う時には「見通しを持って」行うとあるので、実験手順についての問いが答えにくかったかもしれない。

 

大問5 ばねの伸び

youtu.be

他の分野がやさしめの問題だったので、物理分野はかなりの難問になっていた。

この問題で平均点の調整を行っているのであろう。

 

最初のばねAの性質をずっと使って問題を解かなければいけないので

フックの法則がわからない人はこの大問は全滅する危険がある。

 グラフを書くのは基本的である。データも比例のグラフ上にすべて乗るのでグラフも書きやすい。

 

高校ではフックの法則はばね定数というのを詳しく扱う。ばね定数の考え方を持っているとときやすい。中1で学習する内容だけでこの分野を解くのは難しいかもしれない。

 

力の合成の作図は基本的なものである。コンパスを使ってもよい。とあるが、コンパスを使う方法を教えてほしい。

 

30度、60度。90度の三角形を使った計算は昨年から多くの県で出題されるようになった。

 

今年は√3=1.73として計算するようにという指示があり、100÷1.73という計算を行わなければ解けない問題があった。

 計算力が必要な問題である、

 科学的思考力に計算力が求められている

 

三角形の比を使うというのは高校で三角比を扱うのでその前段階となるものであるがかなり難しい問題である。

 

中高一貫教育で中学と高校の内容を同時に学習しているならいいが、現段階の公立中学では難しい。

 

 

全体的にみて

他教科でもいえることだが、文章がやたら長い。

文章を読まなくてとける問題が多いので、解答テクニックを知っている受験生は強いがそうでない生徒には手も足も出ないであろう。

 

埼玉県の問題は記述式が多いので採点者泣かせである。

最後の斜張橋の問題や水上置換法で気体を集めない理由では様々な珍解答が出現し採点者を困らせることであろう。

 

 

 

 

千葉でもダニエル電池が出題

2021年度の新学習指導要領に取り入れられたばっかりの内容だから、すぐには入試には反映されないかと思いきや、

・国立高専

・神奈川県

・東京都

・埼玉県

・千葉県

と多くの高校入試問題に出題されている。

 

全国に先駆けて関東の入試は行われるが、そこで出題されているから全国的に出題されると考えられる。

 

このほか、前線の記号を書くという問題も埼玉県、千葉県と出題された。

 

また、国立高専と埼玉県では30度と60度の直角三角形を使った力の合成や分解の問題が出題されている。

 

それも√3=1.73として計算しなさいというように、ルートの計算も出てきている。

 

理科は問題も多く、文章が長い

 

さらに計算は小数の計算という厄介さがある。

 

理科の問題というよりは、文章を読んで理解する国語力

小数やルートの計算ができる計算力

が主に試されている。

埼玉でもダニエル電池が出題

2月24日は千葉県入試、埼玉県入試が行われた。

千葉県は2日間に分けて行われるので理科と社会は25日実施だが、埼玉では本日実施された。

 

テストの内容は思考力判断力を問う問題がかなり出た

 

そして今年から出題の「ダニエル電池」が出題されている。

消化液でタンパク質分解酵素も出題されている。

予想通りである。

明日は千葉県入試当日

 

ついに、千葉県入試が明日になりました

明日の朝、いつもよりも早く起きて、いつも乗らない電車に乗って高校に向かう人も多いと思います。

朝、南の空を見てください。下弦の月が見えます。

2月24日の月の見え方

下弦の月から一週間後は新月となります。

新月といえば日食が起こるのは新月だけです。

去年は南極大陸で観測できました。12月4日でした。

www2.nhk.or.jp

その2週間前の11月19日には満月で月食が起こりました。

 

2月17日 満月    真南  0時

2月24日 下弦の月  真南  6時

3月3日  新月    真南 12時

3月10日 上弦の月  真南 18時

3月17日 満月    真南  0時

 

月を見て、1週間単位で変わる月、6時間遅くなる南中時刻、月は同じ時間に見ると次第に東のほうに移動していく。これは月は地球の周りを公転しているから

2月24日の金星の見え方

などと思いをはせ、東の空に見える明るい星が明けの明星です。

去年の12月4日は地球に金星が一番近くて夕方に西の空に見えた。

そして、金星が太陽と同じ方向にあったので見えなかったのですが、最近見えるようになり、今度は東の空に明けの明星で見えます。

 肉眼で見た金星は☾な感じで右側がかけてます。

2月24日に受験会場に向かう

受験会場に向かう交通機関

電車が走り出すときに後ろに倒れそうになるのは、「慣性」が働いているため。

あなたが、地面に立っているとき、あなたは重力にひかれます。

その大きさと同じ大きさで向きが逆の力が地面からあなたに力を及ぼすためにあなたは地面にもぐることはありません。その力を垂直抗力といいます

 

作用反作用の力は

 重力の反作用の力はあなたが地球をひく力です。

 反作用の力と垂直抗力は違います

 

電車ははじめ加速度運動をしています。

 最高速度は田舎を走る電車では72km/h ,秒速20m/s

72km=72000m  1時間は3,600秒なので

1時間に72000m進むとき、秒速は距離÷時間で72000÷3600=20

20m/sとでます。

 距離÷時間は速さです。単位変換は大丈夫かな?

電力量Whから、仕事量Jへの変換は3600sをかけるんだよ。

受験会場にて

緊張してきてドキドキするのは心臓の働き、心臓は正面から見て血液を出すほうが動脈で心室から出る。そして、右心室から出る血管は肺動脈だけど、酸素が少ないので静脈血、薄暗い色をしています。

 肺で肺胞の毛細血管を通ります。

ここで魔法の呪文

「表面積を大きくして効率よく酸素を取り入れる」

酸素が多いので動脈血が流れ、左心房に行き心臓に入る。心臓に入るから肺静脈

 血液の名前と血管の名前が逆になる。

緊張してメガネがくもる~~~

 それは、息から出た水蒸気が露点に達して結露したため

そして、4月から通うことになる学校に入る。階段を上る。

 自分は位置エネルギーが大きくなっていくんだなと感じながら上がっていってください。

教室にて

音を聞くのは鼓膜からの音の振動を脳で判断するため。

目に入ってくる情報のほうが音の情報より早いのは光のほうが速いから。

音速×時間で距離がわかります。

教室は中学でも高校でも前から後ろまで約10m

7クラスで約70mです。

 7クラスの端っこで音がなって0.2秒後に音が聞こえました。空気中の音速は340m/sとすると

 340m/s×0.2=68m

ほとんど近いなということを実感できるでしょう。

お昼の時間

黙食してください。そのときにデンプンはヨウ素液に反応するけど、だ液のアミラーゼで分解されて麦芽糖になる。

 タンパク質は胃液の中のペプシン、すい液の中のトリプシンで分解される。

 脂肪は胆汁の働きでモノグリセリドと脂肪酸に分解される。

 デンプンは最終的にブドウ糖、タンパク質は最終的にアミノ酸、そして省庁の柔毛で取り入れられて毛細血管に入る

柔毛がひだのような形なのは、魔法の呪文

「表面積を大きくして効率よく養分を吸収するため」

そして脂肪だけは、リンパ管に入ります。

血液の中に入って肝臓に運ばれます。

 肝臓は尿素やタンパク質、グリコーゲンを作る化学工場

尿素は腎臓では作られないんだよ。

腎臓は尿を作るけど、尿素は作らない。

 

というようなことを考えながら、合格をつかみ取ってください。